初期研修医1・2年目、医学部5・6年生の方を対象に眼科の面白さを伝えるセミナーをオンラインで開催しました。
多くの皆様に視聴頂きました。深く感謝申し上げます。
来年度も開催を予定しておりますので、よろしくおねがいします。

メッセージ

実行委員長メッセージ
Image Movie
眼科ONLINE SESSION 2021 ハイライト映像

眼科 ONLINE SESSION FOR NEXT GENERATION 2021 開催概要

共催
日本眼科啓発会議  公益財団法人日本眼科学会  公益社団法人日本眼科医会
目的
未来の眼科ドクターに向けた眼科の魅力啓発
対象者
初期研修医(1・2年目)・医学部学生(5・6年生)
参加費
無料
配信方法
Zoomウェビナーによる配信 ※一部 YouTube Live
開催日時
2021年6月19日(土)
[オンライブ配信] 14:00~15:30
[再配信] 18:00~19:30
応募期間
2021年4月12日(月)~5月31日(月)

プログラム / 参加講師 ※講演内容・講演者は変更になる可能性があります

Program-1:眼科の魅力・眼科医の生活

近藤 峰生三重大学 眼科

【講演内容】眼科の魅力は語り尽くせません。診療は内科的要素と外科的要素があり、飽きることがありません。眼科の先輩は皆穏やかで男女仲良しで、科内の雰囲気がよいのが特徴です。ワークライフバランスもよく、「選んで後悔しない、友人や子供にも勧めたい科」のナンバーワンです。

【講演者プロフィール】初期研修の時に尊敬できる先輩に出会ったことで、希望が産婦人科から眼科に変わりました。期待通り、眼科は外来も手術も研究も楽しく、眼科になったことを後悔したことは一度もありません。好きなものは、朝寝坊、スイカ、鬼滅の刃(杏寿郎の母)、ひぐらしの鳴き声、スポーツ観戦です。

近藤 峰生

Program-2:治らない病気の治療を作る〜再生医療

高橋 政代神戸アイセンター病院 株式会社ビジョンケア

【講演内容】臓器移植、人工臓器、抗体医薬、そしてES細胞やiPS細胞。眼科は過去にもこれらの新しい医療の生まれる分野でした。今、眼科で花開こうとしている遺伝子治療や再生医療について話します。

【講演者プロフィール】時間外の勤務が少なく家庭との両立が可能と考えたため眼科を選びましたが、大正解であったと思います。美しい臓器である眼科、特に網膜には研究も手術もとてつもない魅力があります。

高橋 政代

Program-3:眼科の未来とAI

大鹿 哲郎筑波大学 眼科

【講演内容】人工知能(AI)の医療における応用が進んでいます。情報のデジタル化が進んでいる眼科は、AI・ビッグデータとの親和性が非常に高く、医学の中でトップグループを走っています。AI活用に向けた日本眼科学会の取り組みを紹介します。

【講演者プロフィール】医師になって37年ですが、眼科を選んで後悔したことは、1秒たりともありません。眼はとても美しい臓器で、小さいながらも複雑かつ神秘的です。手術を手掛ける外科医として、眼を通して患者本人を治療する医師として、視機能を研究する理系学者として、生体の不思議を追求する生物系研究者として、日々、大いにやりがいを感じています。仕事の合間には、美食、美酒、バンド活動などで英気を養い、QOLバランスを満喫しています。

大鹿 哲郎

Program-4:光を取り戻す手術をしてみないか?

瓶井 資弘愛知医科大学 眼科学講座

【講演内容】代表的な眼科手術と専門である網膜の手術を、3D映像で解説します。眼科医なら誰でもする白内障手術、視力に関わる黄斑部手術、失明から救う網膜剝離・増殖糖尿病網膜症手術。※YouTubeライブによる3D映像

【講演者プロフィール】『初めて見えたのは先生の大きな手でした』と言う角膜提供を募るAC JapanのTVCMに憧れて眼科医になりました。最後まで血管外科と迷ったのですが、自分の時間も確保できると言う点で眼科を選びました。眼科手術の中でも難しいとされる網膜硝子体手術で、世界と闘える日本の眼科レベルはすごいと思います。退院の時(日帰り手術なら翌日)に、「先生、よく見えます!ありがとう‼」と言ってもらえる科にして、ほんと良かったです。

瓶井 資弘

Program-5:世界の研究室から - 留学中の若手医師からの動画とメッセージ -

北澤 耕司京都府立医科大学 眼科 / Buck Institute for Research on Aging

【講演内容】サンフランシスコからの海外留学だより再生医療、遺伝子治療、AI、老化治療など、どの分野でも眼科はトップランナーで、臨床への応用スピードが早いのが特徴です。サンフランシスコの老化研究所に現在留学して、眼の専門家は施設内に私一人です。世界中の多くの研究者が“眼”に注目していて、今一番ホットな領域です。

【講演者プロフィール】初めて手術顕微鏡を通して人の眼を観察した時の、眼のあまりの奥深さに感動を覚えました。眼科、という好きなことを仕事にできることは本当に幸せであると、日々感じています。コロナが始まってからはハイキングやキャンプなどをして、アメリカの自然を満喫しています。

北澤 耕司
西田 崇岐阜大学 眼科 / Shiley Eye Institute, University of California, San Diego

【講演内容】なぜ眼科に入ったのか、なぜ眼科は楽しいのか、若手医師の立場から私の留学生活を元にお話させて頂きたいと思っています。

【講演者プロフィール】手術時に顕微鏡を覗いた際の綺麗さに惹かれ眼科医を志しました。眼ほど美しい臓器はないと思っています。眼科は楽しいです!いつもワクワクしながら臨床も研究も行っています。留学先の気候が良いのでゴルフやトレッキングなど新しい趣味を持ち始めました。

西田 崇
富田 洋平慶應義塾大学 眼科 / Harvard Medical School, Boston Children's Hospital

【講演内容】ボストンの車窓からボストンにはハーバード大学をはじめ多くの教育、研究機関があります。その中で働く我々眼科研究者の様子を、ボストンの風景を含めながら皆様にお届けできたらと思います。

【講演者プロフィール】私は小学校の時に自分が近視になり、眼をよくする薬を作りたいと思ったのが眼科医を志したきっかけです。眼科は診断から治療に従事できそれだけでも魅力的ですが、教育、研究、起業、どれとも相性がよい科だと思います。私にとっては、趣味のゴルフと両立できるところも魅力の一つです。

富田 洋平

Program-6:パネルディスカッション 眼科は自らの人生をかけるに値するテーマだ!

応募登録

応募期間
2021年4月12日(月)~5月31日(月)
応募条件
初期研修医(1・2年目)・医学部学生(5・6年生)
※研修医身分証、または学生証の画像データ提出が必要
※メールでのやり取りが可能なこと
※聴講時、PC・タブレット等でLAN/WiFiのネット環境が可能なこと
※Zoom / YouTubeでの参加が可能なこと
※事前アンケートとセミナー後のアンケートに回答いただけること

応募期間が終了しましたので、応募申し込みを締め切りとさせていただきます。ありがとうございました。
次回の眼科ONLINE SESSIONへのお申し込みをお待ちしております。